生命保険 仕組み

生命保険の仕組みをおさらいしよう

生命保険を見直しする前に、もう一度生命保険とは何なのか…というのはおさえておきたいところです。
そこで、今一度その仕組みなどをおさらいしておきましょう。

そもそも、生命保険ってどんなものなの?

生命保険の仕組みの解説者

生命保険は、契約している人の死などが関わってしまった損失を保障してくれる保険のことを指します。

 

たとえば家族の大黒柱ともいえる人物に何かがあって、死亡してしまった場合、残された家族はパニックに陥ってしまいますね。でも、この時亡くなられた方が生命保険に入っていれば、遺族たちには保険料が支払われるため、その後の生活費などに当てたり、立て直すことも出来るでしょう。

 

このように、生命保険はいざと言う時に家族を助けることになるかもしれない、とても大切なものと言えるのです。

生命保険の保険料が決められる仕組みってどうなっているの?

生命保険に加入すると、毎月決められた額を保険料として支払っていく必要がありますね。
この保険料、どのような仕組みで決められているのかご存知でしょうか?

 

生命保険会社では、加入することになった人物の生死について、人口統計学から予測していきます。
そして、その結果に沿ってどのくらいの保険料がぴったりなのか、答えを出していくことになるのです。

 

このように、生命保険の保険料はいい加減に決められているものではありません。
ある程度平均的なデータに頼りますが、きちんと生死などの予測が立てられ、
各々に応じたリスクを踏まえながら最も適切な額を設定しているのです。